サース通信年4回発行のサース通信から毎号の特集記事のみを抜粋しています。
定期購読ご希望の方は会員募集から手続きができます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
家具転倒防止器具取付け支援事業のお手伝いが始まりました! 00:00
0
    特集:
    家具転倒防止器具取付支援事業のお手伝いが始まりました!
    〜大地震!あなたの家の家具は大丈夫ですか?〜




    相次ぐ大地震で起きた被害のうち、「倒れてきた家具の下敷きになって亡くなる方がとても多い」ことが、教訓のひとつとして浮かび上がりました。
     世田谷区ではこれまでも家具の転倒防止器具取付の支援をしてきましたが、今年度からは該当者(右掲)が世帯におひとりでもお住まいなら「2万円を上限」に、支援の枠を広げることになりました。
     今年度、SAHSは8月から来年3月まで、これまでもいくつかの事例で連携しているNPO法人セーフティリビングと協力して、この支援のお手伝いをすることにしました。事務局および施工担当をセーフティリビング、管理担当を世田谷まちづくり市民評議会とSAHS、という役割分担です。
     先行して支援事業を行っている(社)シルバー人材センターからお聞きした留意点を参考にしながら、取り付ける家具の状況確認、適正な器具の選択、見積もり額のチェック、工事の確認など、取り付ける職人さんと密に連絡を取りながら、進めていく予定です。
     うかがうお住まいも住まい手も多様ですので、1軒ずつ丁寧な対応が必要と思われます。今回の支援事業を通じて、住まいの中における危機管理の現状が見えてくればと期待しています。
     「転ばぬ先のつえ」…。この機会にぜひ、家具の転倒防止を考えられてはいかがでしょうか。なお、このような支援は世田谷区に限らず各自治体で行っていますので、対象世帯の方はぜひ利用されることをおすすめします。

    ■支援の対象者

    ?満65歳以上の方のいる世帯
    ?身体障害手帳(1級または2級に限る)の交付を受けている方のいる世帯
    ?特殊疾病の医療費助成対象者のいる世帯
    ?愛の手帳(1度または2度に限る)の交付を受けている方のいる世帯
    ?精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方の世帯
    ?被爆者健康手帳の交付を受けている方の世帯
    ?要介護者(要介護状態区分が3、4または5に限る)のいる世帯
    ?生活保護法による保護を受けている世帯
    ?その他区長が支援が必要であると認める世帯

    お問い合わせ先:
    世田谷区都市整備部 建築調整課耐震促進
    TEL. 03-5432-2468 
    FAX. 03-5432-3036
    | サース通信24号/2007年9月 | - | - | posted by news-npo-sahs -
    | 1/1 |