サース通信年4回発行のサース通信から毎号の特集記事のみを抜粋しています。
定期購読ご希望の方は会員募集から手続きができます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
「COSちとふな」千歳船橋駅前に完成! 12:00
0
    「COS下北沢」に続いて2棟目のコーポラティブ・スペース「COSちとふな」千歳船橋駅前に完成!
    〜山崎ビルに9月1日より入居開始〜

    ここです!千歳船橋駅北口から徒歩1分!

     2004年8月、小田急線千歳船橋駅前の道路拡幅のための建替えにあたって建設する自宅併用ビルの1・2階部分を、地域に役立つことに使ってほしいとのご相談を受けてから丸1年、山崎ビルが完成しました。SAHSでは、COS下北沢で活動している「まちづくり広場ザワーズ」とともに、ご相談当初から入居団体探しや、その団体の事業の可能性の検討などの支援を行ってきました。
     これまで、プロジェクトの説明会を2回、入居希望団体との検討会を17回、間取りや設備の確認、入居後の連携のあり方などを話しあい、多業種が集まってこそ可能な活動の広がりに期待をふくらませてきました。この間に会議に参加した団体は支援団体も含め、なんと21団体にも及び、うち入居を希望したのは18団体でしたが、結果的には4団体の入居が決まり、1団体が検討中です。検討開始時から入居時までが工事期間とほぼ同じで短期間だったため、それぞれの事業所内での検討にあまり時間をかけられなかったことから、入居をあきらめざるをえなかった団体もありました(入居団体については、p3をご覧ください)。
     計画時からテナントがほぼ決定していた利点として、内装材や設備についても入居団体の希望を大幅に受け入れていただいたこと、またオーナー側としては、不特定多数向けの設備を用意しないですんだことなどがあるように思います。2005年8月30日には無事、賃貸借契約も締結され、9月1日から引越し(入居)が始まりました。
     9月16日(金)〜20日(火)の期間、「COSちとふなオープニングイベント」を行います。各団体の事業紹介をはじめ、さまざまな催し物が企画されていますので、ぜひお出かけください。


    ■SAHSの具体的な支援の内容

    1)ビルオーナーや施工担当者との打ち合わせ
    2)会議進行やその準備
    3)事業の可能性を検討するため、行政へのヒアリング
    4)各団体別の内装や什器についてのアドバイス
    5)賃貸契約書文面作成および調整
    6)ビルの計画案についてのアドバイス
    7)工事進行状況の確認
    8)入居準備についての資料用意
    9)融資を受ける金融機関の紹介
    10)共用費負担についてのアドバイス など


    COSちとふなプロジェクトの概要

    建物名称・規模=山崎ビル 鉄骨造3階建
    建築主=山崎富美子
    住所=東京都世田谷区船橋1丁目1番2号
    交通機関=小田急線 千歳船橋駅下車 徒歩1分(駅舎北側)
    入居団体と賃貸面積
    1階=環境まちづくりNPOエコメッセ「水・緑・木地」 37.82m2
    2階=NPO法人 アクト世田谷たすけあいワーカーズ「ゆりの木」 37.49m2
    アロマトリートメント香音 14.02m2
    NPO法人アクト居宅介護支援事業所 30.48m2
    検討中の団体 12.30m2
    賃貸料=1坪あたり10,000円 敷金なし、礼金1ヶ月


    地域共生の場として活かしていただければ…
    山崎ビル・オーナー 山崎富美子
    家の建て直しにさまざまと理由をつけて消極的だった私には、決断させる大きな理由が必要でした。地域に役立つものになるなら決心できる…。何かグループホームのような…などと夢見つつ、「地域共生の家」を募集していたまちづくりセンターを訪ねました。途中、土地の形や狭さなどでこの夢は頓挫。がっかりしていたところへ、SAHSの井上さんからNPOのグループに貸すこともできるのでは?との提案があり、これは実現の可能性が高いと考えました。何回かNPOの方たちとお会いするうち、みなさんの考えや努力が感じられ、今は楽しく助けあっていけると信じています。


    「COSちとふな」には、このような団体が入居しています!

    環境まちづくりNPOエコメッセ「水・緑・木地」
    TEL,FAX :03-3425-8883

     ご家庭で不要になった衣類・雑貨を提供していただき、地域で必要としている方に安い値段で買っていただくことで、物の命を大切にした再利用を進めています。売り上げの中から、環境問題解決の資金を積み立てているほか、水と緑を守る活動を他のNPOなどと連携して行っていきます。 ご家庭で不要になった衣類・雑貨を提供していただき、地域で必要としている方に安い値段で買っていただくことで、物の命を大切にした再利用を進めています。売り上げの中から、環境問題解決の資金を積み立てているほか、水と緑を守る活動を他のNPOなどと連携して行っていきます。


    アロマトリートメント香音(かのん)
    ご予約TEL:03-3426-2023

     私たちは多くの人と体に触れてきました。心も体も不調は流れの滞りから生まれ、この滞りを流すアロマトリートメントの効果の高さを実感しました。広く必要な方々に受けていただくため、できる限り価格を抑え、かつ質の高さを保ちたい…という2人の思いが、この共生の建物「コスちとふな」で実現しました。
     皆様に愛されるお店にしていきたいと思います。


    NPO法人アクト 世田谷たすけあいワーカーズ「ゆりの木」
    TEL:03-3429-6721

     産前産後などの子育て支援・生活支援の「自立援助」、介護保険の「訪問介護」、障害者の「支援費」の事業をしています。地域に根ざした活動として、松原ふれあいの家で月1回「ミニデイ事業」も行っています。これからは地域の方々との交流をめざし、多目的室を利用してさまざまな活動をしていきたいと考えています。
     やさしさはここから…。


    NPO法人アクト 居宅介護支援事業所
    TEL:03-3425-5862

    あなたの“こんなふうに暮らしたい″をかたちにします。
     利用者の立場に立ちつづけ、公正中立を守るために、介護保険スタート時より独立型で活動してきたケアマネジャーの支援事業所です。



    「COSちとふな」ができるまで

    2004
    9/22 プロジェクト説明会〈1〉プロジェクトの概要説明
    9/28 プロジェクト説明会〈2〉プロジェクトの概要説明
    10/ 2 オーナー山崎氏に説明会の報告
    10/ 5 ちとふなPJ検討会〈1〉コーディネート費の提案
    10/14 山崎氏をCOS下北沢にご案内
    10/16 ちとふなPJ検討会〈2〉於COS下北沢
    10/18 ゆりの木の事業所を訪問
    10/22 山崎氏宅訪問 2階にエレベーター停止決定
    10/25 ちとふなPJ検討会〈3〉大まかなゾーニング
    10/26 世田谷区保育施策についてこども部保育課にヒアリング→区としては駅前認証保育は無理との見解
    10/28 山崎氏宅訪問 引越当日、融資難航の件など
    11/ 8 ちとふなPJ検討会〈4〉
    11/12 山崎氏宅訪問 確認申請提出中、エレベーターの向き変更検討
    11/16 ちとふなPJ検討会〈5〉南側入居について
    11/29 山崎氏宅訪問 各団体案内を渡す。前面階段は難
    12/ 1 ちとふなPJ検討会〈6〉避難経路について
    12/ 9 山崎氏宅訪問 賃貸契約書の例を何例か提示
    12/16 東京都福祉保健局少子社会対策部子育て支援課
        保育計画係民間保育援助担当へヒアリング
    12/17 山崎氏に融資金融機関(東京シティ信金)紹介
    12/18 ちとふなPJ検討会〈7〉模型提示、仮契約について
    12/21 都にヒアリング
    12/24 世田谷区こども部保育課へヒアリング
    12/27 山崎氏より東京シティ信金融資決定の知らせ



    2005
    1/20 山崎氏宅訪問 (仮)契約書の検討、保育施設の避難設備、調理場機能、2階お手洗いの広さ、空調機器設置、間仕切りについて確認、1/21から解体工事に着手
    2/ 1 ちとふなPJ検討会〈8〉2/5に地鎮祭の予定、山崎氏検討会に初参加
    3/ 2 ちとふなPJ検討会〈9〉本格的に工事始まる
    3/23 ちとふなPJ検討会〈10〉
    4/14 ちとふなPJ検討会〈11〉山崎氏、山崎工務店社長参加。間取りの細かい部分の説明を受ける
    4/23  現場見学会(具体的な広さや明るさを実感する)
    5/10 ちとふなPJ検討会〈12〉1団体が不参加に。急遽、2階北側部分の入居者を探すこととする
    5/31  現場見学会
    6/ 3  NPO法人ACT居宅介護支援事業、入居検討に対し説明に訪問
    6/ 6  上記事業所の現事務所の採寸、入居スペースのレイアウト提案
    6/ 9  ちとふなPJ検討会〈13〉間取りもおおむね決定し、賃料計算を始める
    6/15  現場見学会
    6/20  ACT訪問、入居に関する質疑に回答
    7/ 5  ちとふなPJ検討会〈14〉余ったスペースの活用方法について共用倉庫とすることを決定。入居は9/1から。オープニングイベントに向けて検討
    7/20  ちとふなPJ検討会〈15〉契約書の確認、オープンに向けた準備(看板、広報、電話、イベントの内容など)
    7/30  山崎氏宅訪問 看板を付ける鉄柱の件、契約日・消防検査日を確認
    8/ 9  ちとふなPJ検討会〈16〉契約日の決定、水光熱費の負担について、看板の件、オープニングイベントの準備
    8/19  ちとふなPJ検討会〈17〉契約時の確認事項、オープニングイベントの具体的内容の確認、広報内容の確認
    8/27-31 床の自主塗装
    8/30  山崎氏と賃貸借契約を締結
    8/31  消防検査
    9/ 1  入居開始
    | サース通信16号/2005年9月 | - | - | posted by news-npo-sahs -
    | 1/1 |