サース通信年4回発行のサース通信から毎号の特集記事のみを抜粋しています。
定期購読ご希望の方は会員募集から手続きができます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
[特集] 地域共生のいえ "TOMO" が始動します! 12:00
0

    道路に面してかわいい庭が開かれている「TOMO」。
    3月にはモクレンが見事な花をつける


     (財)世田谷トラストまちづくりの平成17年度「地域共生のいえづくり支援モデル事業」の支援対象となり、昨年度もフォローアップ事例として継続して支援を受けた「上北沢OT邸(岡邸)」は、ゆっくり時間をかけて検討を重ね、このたびめでたくオープンすることになりました。
    SAHSはこの家のリフォームや耐震補強のアドバイスをお手伝いしました。
     往年、ご近所の子どもたちの集いの場として賑わったこの家も、オーナーの岡ちとせさんが高齢になって施設や病院に入ってからは、4,5年空家だったということです。そこで、この岡さんの親戚の小池良実さんという方が岡さんの介護をしながら、住まい手の昔の想いを何とかまた復活させたいと、地域共生のいえづくり支援に応募されました。この間、残念ながら岡さんは亡くなりましたが、片付けをするにつれて当時の様子が分かる資料が続々と見つかり、子どもたちばかりでなく、地域の方々にも深い信頼が寄せられていることがはっきりしました。
     リフォーム終了後、お仕事や地域活動に忙しい小池さんの条件も少しずつ整い、まちづくりセンターや地域活動グループ、支援団体による開設の準備が始められました。
     一方、空家の時分からこれまでも、ご近所の方々からはいろいろと気配りをいただき、またこのような取り組みを知った区民の方からはひな壇飾りや、5月人形が届くなど、さまざまなかたちでの暖かい支援もいただいています。
     そこで、まずはこの家を知っていただこうと、地域のみなさまとの出会いを願って、7月7日の七夕の日に「オープンハウス」としてお披露目いたします(詳しくは次ページ)。来ていただいてどんな活用方法があるか、皆さまのお知恵をお借りしたいと思っています。


    TOMOの間取り図




    ■ 岡邸工事概要
    築年数:約60年
    構造:木造2階建て
    敷地面積:約110m2
    建築面積:54.12m2
    延床面積:70.65m2
    1階 50.82m2・2階 19.83m2

    施工アドバイザー=NPO法人セーフティリビング
     世田谷区世田谷2-9-3 tel. 03-3420-3322
    施工=(有)半田工務店 
     世田谷区松原3-10-15 tel. 03-3325-3215
    改装・簡易耐震補強アドバイザー=NPO法人サース


    ■ TOMO アクセスマップ



    ■ オープンまでの歩み
    2006年
    1月  岡邸訪問、小池さんと打ち合わせ
    2月  工事内容についての打ち合わせ
    3月  岡邸工事前の調査
    4月  工事内容決定
    5月  工事請負契約 
        (工事)
    6月  工事終了
    7月  岡さんが車椅子で自宅に戻れるように
        スロープ設置、クリーニング
    10月 岡さん一時帰宅
    12月 岡さん亡くなる

    2007年
    1月  活用に向けて地域活動グループの話し合い
    2月  岡さん納骨
    4月  小池さん、まちづくりセンター、サースで話し合い、
        名前「TOMO」に決まる
    5月  オープンに向けて小池さん、まちづくりセンター、  
        興味を持ってくださった方、サースで 話し合い
    6月  オープン直前準備会
    7月7日 オープンハウス
    | サース通信23号/2007年6月 | - | - | posted by news-npo-sahs -
    | 1/1 |